Oasisお勧めCD(第4回)

音楽にこだわりのある、OasisならではのCD紹介コーナーです。

第4回目の今回は、2人の男性ミュージシャンのデビューアルバムにスポットを当てて見たいと
思います。

一人はシスコの伊達男、ボズ・スキャッグス。
もう一人はロスのアウトロー、トム・ ウェイツ。

  
まずはボズ。
彼は70年代半ば以降、お洒落でダンディな男の代名詞的存在でしたが、元々は
ハイスクール時代からの旧友、スティーブ・ミラーとブルースバンドを組み、デビューアルバム
「未来の子供達」と「セイラー」の2枚のアルバムに参加。
ブルースとサイケデリックな、ちょっと半端なアルバムを発表しました。
その後、ヨーロッパに渡り、インディ・レーベルから一枚アルバムを製作後、アメリカに
戻りソロ・デビューしました。
レコーディングの場所は、当時ブルース系の注目を浴びていた、アラバマ州マッスルショールズの
スタジオ。
作品名は「ボズ・スキャッグス」をアトランティク!から発売。
有名なハウス・ミュージシャン達が多数参加しましたが、中でも全編にスライドやドブロで
参加したデュアン・オールマンの好演が目につきます。
彼のセッション時代の最高傑作!とまで言われている「ローン・ミー・ア・ダイム」では、
ジャム・セッションのように盛り上がる後半パートは興奮モノです。
オープニングの「アイム・イージー」もいいし、何よりLPでは見開きジャケットがいいんです。

ボズはその後、「スロー・ダンサー」という作品でブルー・アイド・ソウルの第1人者となり、
更に「シルク・ディグリーズ」によりAORというジャンルを確立、その名をロック史に残しました。
最近では、97年に「カム・オン・ホーム」でブルースに回帰したような好盤を出していますし、
その時の来日公演も素晴らしいブルース・フィーリングをみせてくれました。

 

   今月もう1枚紹介します。
 
さて続いて、個性派トム・ウェイツ。1973年に新興勢力アサイラム・レーベルから
デビュー・アルバム「クロージング・タイム」を発売。
同じレーベルの先輩格、イーグルスがこの作品のオープニング・ナンバー「オール55」を
カバーしてくれたものの、ウェイツは、彼らのアルバムはターン・テーブルの埃よけくらいにはなる、
と突っ張ったことを言ったりします。
このアルバムは、全曲トムの書き下ろし作品で、彼がミドルティーンから働いていた夜の
ピッザハウスでの、早熟した出来事に基づいた物語が中心となっています。
「恋におそれて」「ミッドナイト・ララバイ」、ロマンチックな「グレープフルーツ・ムーン」。
若き日のウェイツワールドが堪能できる作品です。

その後もしばらく、アサイラムからアルバムを発表し続け、78年の「ブルー・バレンタイン」では
当時の恋人、デビュー前のリッキー・リー・ジョーンズと一緒にジャケット写真に収まったりもして
います。
80年代に入る頃からF・コッポラやJ・ジャームッシュの映画に協力し、自らも、
「ビッグ・タイム」という作品を出したり、映像の世界に興味を持ったりしたようですが、
「レイン・ドッグス」以来の意欲作ではないかという「ミュール・バリエイションズ」を99年に発売。
今年に入っても、ジョン・ハモンドというブルースシンガーの新作をプロデュース
(全曲ウェイツのカバーナンバー!)したりと、精力的に活動しています。

静かな時間にオアシスにいるときは、アメリカを代表する2人の作品を是非聞いてみてください。
私がいるときは、ハード・ローテーションになっています。
ライアー宮崎

 


Copyright(C)2000-2002 Cafe & Pop Bar Oasis.